アソビの時間

うつむいている女性

かつて、東京が将軍様のいる「江戸」であった頃の「アソビ人」と呼ばれた人々が、単に女の子をペロペロしていただけではなく、風流人であり粋を理解する人であったように、現代の東京でも、「アソビ人」を自認するならそれなりに頭を使った遊び方をしなければいけません……というと何だかエラソーですが、そういうことを言っているのではありません。
風俗で遊ぶときは、いろんな「時間」に注意し、情報を収集し、注意ししつつ遊びましょう、ということです。それに、そんなに難しく考える必要のあるものでもありません。
風俗を利用するのに、中央線を使っている。そんなアソビ人の人なら、中央線の電車のスピード、各駅に停車する時間から計算して、何時頃にお店に行けるかということを考えるべきでしょう。
たとえば中央線の停車駅のひとつである吉祥寺で降りてピンサロに行くとき、その日出勤している女の子の情報を見、目当ての女の子が出勤する時間を見て、その時間に合わせて最寄り駅へ向かい、電車に乗らなければならない……というふうに。
また、ピンサロなどの風俗では、しばしば時間制限のある「イベント」を開催していることがあります。「21時までなら格安で利用できます!」みたいな。見逃せないイベントです。
そういった情報をくれるお店のHPを見ることが出来るパソコンを駆使し、中央線の時刻表を駆使すること。それが、現代の東京で風俗をスマートに利用するアソビ人の、心がけておくべきことなのです。